鍵

ドアを修理してセキュリティ対策を強化しよう

シリンダー錠の種類

作業員

防犯性の高い種類を選ぶ

住宅の防犯性を高めるために名古屋ではドアの鍵を、防犯性の高い種類へ交換する人が増えています。業者に依頼して名古屋でドアの鍵を交換するときは、いくつかの種類から選ぶ事になるため、どういった種類があるのか把握しておくことが大切です。名古屋で最も普及している鍵がシリンダー錠で、太い円筒と細い円筒が入っており、鍵を差し込むことで細い円筒が回転し開閉する仕組みになっています。一般的に普及しているシリンダー錠は防犯性が低いため、名古屋で鍵をシリンダー錠に交換するときは、防犯性の高い種類のシリンダー錠を選びましょう。シリンダー錠の中で防犯性が高いのが、ディンプルキーと呼ばれる種類で、表面に凹凸があるためピッキングに強い特徴を持っています。名古屋では新築やリフォームで交換するドアに、ディンプルキーのシリンダー錠が取り付けられることが多いです。その他のシリンダー錠で防犯性が高いのが、ロータリーディスクシリンダーと呼ばれる鍵で、普及しているシリンダー錠の後継として開発されました。ロータリーディスクシリンダーは、一般的なシリンダー錠と見た目は同じですが、内部は複雑な仕組みになっているため防犯性が優れています。シリンダー錠以外で防犯性の優れた鍵は、カードやリモコンを使用したタイプで、ピッキングに強く鍵を差し込まずにドアの開閉ができます。名古屋で鍵の業者を探すときには料金よりも安心を重視して、自宅から近く緊急のトラブルにも対応してくれる業者を選ぶことがポイントです。