鍵

ドアを修理してセキュリティ対策を強化しよう

住宅の防犯性

鍵

ピッキング対策に

住宅の防犯性は、玄関の鍵の性能で決まると言っても過言ではありません。というのも泥棒は、主に玄関から住宅に侵入するからです。窓からの侵入は人目につきやすいのですが、玄関からなら違和感なく侵入できるのです。しかも泥棒は、単純な構造の鍵ならピッキングによって開けることができます。そのため昨今では多くの人が、業者に依頼して、住宅の鍵をピッキングが困難なタイプのものに交換しています。鍵交換で特によく選ばれているのは、ディンプルキーと呼ばれている、複数の小さなくぼみがある鍵です。くぼみは、大きさや深さや向きがそれぞれ異なっていて、シリンダーはそのくぼみを全て埋めるような構造になっています。それにより開閉が可能となるのですが、逆に言えばそのシリンダーに合うディンプルキーを使わなければ開閉できないということです。このように複雑な構造となっているので、ディンプルキーへの鍵交換は注目されているのです。この他にも、指紋認証キーやカードキーなどへの鍵交換の需要も高まっています。どちらも鍵穴に挿入するタイプの鍵ではないので、これらに鍵交換をした場合には、ドアからは鍵穴自体がなくなります。それでいてドアはしっかりと電子ロックされるので、より確実性の高いピッキング対策が可能となるのです。また、泥棒が窓から入ってくることも想定して、窓の鍵交換を業者に依頼する人も増えています。開閉に暗証番号の入力が必要になるタイプの鍵もあり、これにより住宅の防犯性は一層高まることになるのです。